大切な貴方へ贈るプレゼント

プレゼントを贈ろう

出産祝いのマナー

出産したばかりのママさんを労い出産祝いを渡すときのマナーはしっかり守りましょう。せっかくの嬉しいイベントがたったひとつの出来事で大無しになってしまう前に、しっかり確認することが大切なのです。

最近では特にマナーにこだわらないといった方も多いようですが親しき仲にも礼儀あり。やはり出産祝いのマナーについて知っておいて損は無いでしょう。

駆けつけない
まず第一に出産祝いの一報を受けたら駆けつけないこと!これは大前提です。早く会いたい気持ちは分かりますが、出産直後のママさんは非常に疲れているため気をつかわせないためにもベストなタイミングで行きましょう。

とりえず出産祝いの一報を貰ったら焦らず電話かメールでおめでとうと労いの一言を♪赤ちゃんとママさんに出産祝いを渡しに行くのは赤ちゃんが産まれて7日後〜約1ヶ月がベストでしょう。

もちろん出産祝いを渡しに行く前に母子の健康状態を確認してから、滞在時間は短めに。もちろんですが大勢で駆けつけるのもNGですよ。ママさんに気を使わせますし、病院であれば他の人に迷惑がかかるのでどうしてもみんなで行きたい場合はママさんか身内の方に一度連絡を入れましょう。

それと、風邪気味な人も会いに行くのは控えてくださいね。赤ちゃんは感染症に抵抗が無いのですぐに移ってしまい命の危険に晒されるかも知れません。
出産祝いを渡し損ねた
忙しいとついついあっという間に時間が経ってしまい出産祝いを渡し損ねる方も多いはず。

出産から半年以内であれば出産祝いとしてプレゼントを贈れるのですが、一年以上過ぎてしまった場合は誕生祝として贈ると良いと思います。
現金を贈りたい
男の人だと現金での出産祝いが多いみたいですね。確かに男性だとプレゼント選びが大変かもしれませんから無難だといえます。現金を贈る際の注意点は表書きをおもちゃ料など何々料とつけて渡すのが基本。

不吉な数字は避けて五千円から一万円くらいが平均らしいです。地域や習慣によっても異なるので注意して下さい。
出産前に出産祝いを渡さない
まだ出産していないのに出産祝いを渡すのは絶対にダメです。出産というのは何があるか分かりませんから万が一のことを考えて行動しましょう。もしも死産で産まれてしまった場合、出産祝いは皮肉になるだけですからこれだけは気をつけましょう。

Valuable information

パワーストーンの卸販売
http://www.purestone.jp/

2015/7/16 更新

Copyright © 2009 Sent a Present All Rights Reserved.