大切な貴方へ贈るプレゼント

プレゼントを贈ろう

ギフトを贈ろう!

お中元ギフト
日頃お世話になっている方へ贈るお中元ギフト♪もともとは中国から伝わったもので祖先を敬う習慣のことだったのですがそれが日本に伝わるとお世話になった方や親しい間柄の人へ贈るお中元ギフトとして定着したようです。贈る時期は大体一年の中ごろ、半年が過ぎたころでしょうか。

7月初め〜7月15日までに贈るのが定番のようです。もちろん地域によって多少の違いはありますが。金額は大体三千円〜五千円くらいではないでしょうか?少し前は手渡しが基本だったのですが最近ではデパートで購入して直送する場合が多いですよね!その場合はきちんとお手紙かギフトと一緒に送り状が届くように設定しないとマナー違反ですよ〜。

時期を逃してしまった場合は暑中見舞いとしてギフトを贈ることも可能。お中元ギフトの時期は夏ですからなるべく保存のきく食べ物や生活に役立つ消耗品などを贈りましょう。
お歳暮ギフト
お中元ギフト同様、お世話になった方へ贈るお歳暮ギフト。誰に贈ればいいかなど堅苦しいことを考えなくても大丈夫ですよ。これといって決まりごとはありませんから自分のお世話になった方や贈りたいと思った相手に渡せば良いのです♪

お中元ギフトは半年過ぎた頃に贈りますがお歳暮ギフトは一年の締めくくり、12月に贈ります。年末は誰でも忙しいので遅くても25日までに贈るのがベストのようですよ。人気なのはハムやコーヒーといった日持ちする食料品、続いて洗剤などの日用品が注目を集めています。

主に会社でお世話になっている上司や恩師、遠く離れた両親に贈るようで、意外に多いのがお稽古事の先生。残念ながら学校の教師など公務員はお歳暮ギフトを受け取ってはいけないことになっているので注意しましょう。
母の日・父の日ギフト
お世話になっている両親へギフトを贈りましょう♪母の日はカーネーションをプレゼントすることで有名ですが父の日は何をプレゼントしたらいいのか悩みますね。

もともと母の日というのはアメリカのバージニア州で1905年にアンナ・ジャービスという女性が母の死をきっかけに母に感謝したいという気持ちから白いカーネーションを配ったことから始まったといわれています。それがアメリカ全土に伝わり当時大統領だったウィルソンが5月の第二土曜日を母の日と制定したのです。そのため母の日はカーネーションという定番がありますが父の日は母の日と比べると軽視されがちですよね。

父の日は男手一つで6人の子を育てた男性を称えた日で6人のうちの末っ子が母の日の存在を知り父の日を提唱したものです。そのため父の日には定番といった定番がありませんが日頃頑張っているお父さんにお酒や日常で仕えるネクタイなどをプレゼントしてみてはいかがでしょう♪

recommend

ノロウイルス 除菌スプレー

最終更新日:2017/10/26

Copyright © 2009 Sent a Present All Rights Reserved.